ロベルト・バラルディ(Vn) Roberto Baraldi

画像の説明

ロベルト・バラルディは8歳の時、ミラノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院のワンダ・ルッツアート女史の下でヴァイオリンを始めた。
既に学生時代から数多くのコンクールで優勝して頭角を現したバラルディは、
満18歳で審査委員満場一致でディプロマを取得する。

その後1989年には北ドイツの「シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭」のオーケストラに招かれ、翌90年から92年まではヨーロッパ連合ユースオーケストラ(E.C.Y.O.)でヨーロッパ国内を演奏旅行し、レナード・バーンスタイン、カルロ・マリア・ジュリーニ、ヴァレリー・ゲルギエフ、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ヴラディミール・アシュケナージといった巨匠達の薫陶を受ける。

その後はイタリアの音楽大学院としても有名なフィエゾレ音楽院において、G・プレンチペ教授のもとで更なる研鑽を積んだバラルディは、アムステルダムのロイヤル・コンセルトヘボウ・オーケストラのコンサートマスターでもあるヴィクトール・リーバーマンの指導をオランダ・ユトレヒトで受けた後、
更にスイスのヴィンタートゥールに於いて、かの有名なアンネ・ゾフィー・ムターを育てたアイダ・ストゥッキ・ピラッチーニ師により1995年にソリストとしてのディプロマを取得する。

その間2年ほどオーケストラ・ポメリッジ・ムジカーリ・ディ・ミラノのリーダーとして活動をした後、3年間「アレーナ・ディ・ヴェローナ」(ヴェローナ野外オペラ・フェスティバル)のオーケストラでコンサートマスターを務めた。

1997年からはヴェネチアのフェニーチェ歌劇場オーケストラのソロ・コンサートマスターに就任。これまでに、このフェニーチェ歌劇場の定期演奏会などでソリストとしても数多く出演し、好評を博している。

バラルディ氏については、ソリスト、あるいは室内楽奏者として、Nuova Era, Tactus, Naxos などのレーベルから、これまでに数多くの録音が発売されて、いずれも好評を博している。

バラルディ氏使用のヴァイオリンは、1850年製J・B・Vuillaume(ヴィヨーム)。


Roberto Baraldi ha iniziato lo studio del violino all'età di otto anni presso il Conservatorio “G. Verdi” di Milano sotto la guida della Prof.ssa Wanda Luzzato.
Nel corso dei suoi studi ha vinto numerosi concorsi e borse di studio e,
a diciotto anni appena compiuti, si è diplomato con il massimo dei voti.

Nel 1989 ha fatto parte dell'Orchestra Giovanile dello "Schleswig-Holstein Musik Festival" e dal 1990 al 1992, dell'Orchestra Giovanile della Comunità Europea (E.C.Y.O.), con le quali ha effettuato tournée in tutta Europa con Maestri quali Leonard Bernstein, Carlo Maria Giulini, Valery Gergiev, Mstislav Rostropovich, Vladimir Ashkenazy .

Si è perfezionato con il Maestro G. Prencipe alla Scuola di musica di Fiesole, con il Maestro Viktor Liberman (konzertmeister dell’Orchestra del Concertgebouw di Amsterdam) a Utrecht e nel 1995 ha conseguito il Solisten-Diplom con la Prof.ssa Aida Stucki Piraccini (insegnante della celebre violinista Anne-Sophie Mutter) al Consevatorio di Winterthur.

Ha ricoperto per due anni il ruolo di primo violino di spalla presso l'orchestra de "I Pomeriggi Musicali" di Milano e per tre anni lo stesso ruolo presso l'orchestra della Fondazione “Arena di Verona”.

Ricopre dal 1997 il ruolo di violino di spalla dell'orchestra del "Gran Teatro la Fenice" di Venezia; con queste orchestre si è esibito come solista in numerose occasioni.

Ha effettuato numerose incisioni in veste di solista e di camerista per case discografiche quali Nuova Era, Tactus, Naxos.

Suona un violino J. B. Vuillaume del 1850.