画像の説明

From:村中大祐

やりたいことをどうしても習慣にできない。
そういう経験は誰でもあると思います。

私は仕事柄、長いオペラを勉強するのが
最初はしんどくて
随分大変な思いをしました。

でも最近は割合ラクにできるようになってきましたね。
その理由は何だかわかりますか?

意外に思われるかもしれませんが
犬の散歩なんです。

我が家のジョルジョ君は昨日が3歳の誕生日。

少し大人っぽくなりました。
でも我が家に来た生後3か月ときから
一つだけ大人になっても変わらないことがあります。
それは「散歩イケイケコール」です。

そりゃそうですよね。
色々犬も大変です。

我が家には昔秋田犬がいましたが
外で飼っていたんですね。
そう言う場合は散歩にせかされることはないんですが

家の中に犬が居る場合は
彼らの必要な処理事項、つまり排泄とかは
外に飼い主が必ず出してやらんといかんわけです。

夜寝る前にオシッコを自分ではできない。
外でどうしてもしたいとなれば
必ず寝る前にはオシッコに連れて行く。

そんな毎日です。
最初は結構大変でしたが
そういう形が犬によって習慣化されてくるのに
段々気が付くようになりました。

シュナウザーという犬種が
割合賢いのかもしれませんが
彼らは習慣ができると
排泄もこちらが外に出すまで
ちゃんと待ってくれます。

時間通りに外に出してやる必要はあるんですけどね。

私は昔から自分の生活を習慣づけるのが苦手で
今朝もテレビを観ていたら
ADHDそのものでした。

そういう傾向がある
そんな私がどうやって自分を習慣づけるか?
これは大変な難問だったのです。

集中力は人一倍あるようですが
自分が好きなことには集中できても
「やらなければならない」という話には
まったく身体が付いて行きません。

ところがジョルジョが我が家に来てからというもの
朝からの「散歩イケイケコール」は
止むことはありません。
そりゃそうですわ。

でもひどい時は朝4時です!

でも不思議なんですが
最近ではこの早朝散歩がないと
身体の調子まで何となくスッキリしない。

この散歩が2年半続いたことで
頭というよりも身体の方が
習慣化されてしまったようです。

そこでわたしは一つ実験をしてみました。

この「散歩」の流れの中に紐付けをして
毎日自分のタスクをやってしまえるように
生活改善計画を立てたんですね。

朝から3つの仕事をこなせるよう
計画を立てます。

私なら例えば必ずピアノに1時間は向き合うとか
こうして何かを書くとか。

そうすると1つこなすことが身体や精神に気持ちよくて
3つくらいはスーッと
毎日習慣化できるようになりました。

何か一つ続けることってのは大事なんですね。
犬から教わった習慣化の話でした。

今日も素敵な一日を!
横浜の自宅から
村中大祐