お友達価格〜国際関係の裏ワザ – Muranplanet – 指揮者村中大祐 Daisuke Muranaka Official Website

画像の説明
日本でもおなじみの

「お友達価格」という言葉。

果たしてこれが国際政治の舞台で通用するか。

いわゆるメタファーですが

仲良くしておくことは

いいことなのです。

皆さん、確か覚えておられるかと思いますが

アメリカがワールドトレードセンター崩壊後に

アフガンに派兵したとき

日本の小泉首相とイタリアのベルルスコーニ首相が

こぞって当時のアメリカ大統領ブッシュさんに

協力を申し出ました。

このとき左翼から極右とされたベルスコさんですが

どうでしょう。

プーチンさんとも仲良く、

メドヴェージェフさんとも仲良く。

うまい!

これは見習うべきではないでしょうか?

ところで

ロシアの帝政時代について

パリとの関係について

ある記事が面白いと思いました。

ピエール・モントウーと言えば

ストラヴィンスキーのペトルーシュカや春の祭典といった音楽を

初演指揮した有名な指揮者ですが

以下モントウーのことについて触れた記事です。

In 1911 , the year Monteux began his association with Diaghilev by conducting the premiere of Strawinsky’s Petrushka, he founded the first concert series of his own; eventually it would be called the Concerts Monteux, just as other conductors~Pasdeloup and Colonne, later Straram and Koussevitzky ~ labeled their Paris series with their own names, but initially Monteux called his the Concerts Berlioz.

While Monteux identified Brahms, Beethoven and Wagner as his favorite composers, and resisted being confined to the French repertory in certain situations, he did have a deep affection for the music of his compatrirots, and a virtually unique authority in much of it. There is hardly a need to list the reasons Berlioz was the French composer he revered most, but it might be noted that his own rise was part of the chain of events initiated by Berlioz’s visit to Russia in 1867, the remarkable cross-pollination of French and Russian music that eventually led to Diaghilev’s presence in Paris and his commissioning of music from both French and Russian composers.

It was Monteux’s part in Diaghilev’s enterprise that made him a standard-bearer in that thriving Franco-Russian tradition.

というわけで

文化も結構役に立つわけです。

ベルリオーズがロシアに行ったから

デイアギレフがパリに来たのかどうか。

ちょっと調べてみる必要はありますが。。。

でも私は知りませんでしたから

おもしろい話ですよね。

さあ、日本をどうしましょうかね。

維新もいいんですが

前にも書いたんですが

そのエネルギーは極めて極端なエネルギーですね。

「誰も殺さない」つもりだった龍馬の考え方は

友好的っていうんですか?

維新の滾るような迸るようなエネルギーを

時間をかけて

別の方向に逸らすつもりだったのが

龍馬さんではないですか?

人を守り、愛し、育て

海外と交易して日本を豊かにする。

でも深いところで「日本が遅れている」っていう

共通認識っていうんですか。

そういうものを昔も今も持っているのでは?

日本は遅れてないですよ。

凄い国です。

だからあまり過激にならず

うまくやりたいですね。

Yoritomo Minamotoが紡いだご縁 – Muranplanet – 指揮者村中大祐 Daisuke Muranaka Official Website

画像の説明
昨日は源頼朝公のお話をいたしました。

そのご縁とは、まさに不思議なものです。

Yoritomo Minamotoの御名を自分の最初のCDで

使わせて頂いたことがご縁で

行く先々で頼朝公の足跡を感じることになりました。

更には今の鶴岡八幡宮で2013年の神嘗祭においては、

これはオーケストラとしては初めてだと思いますが

まさに10月の満月の日に

Orchestra AfiA「自然と音楽」演奏会「満月に寄す」のプレ公演として、

八幡宮境内の一角でリハーサルをさせていただき、

また普段イヴェントなどで使われる舞殿ではなく、

本宮右手の若宮内で奉納演奏をさせていただきました。

これは私たちが進めておりますプロジェクト「自然と音楽」演奏会シリーズの

大切なコア・コンセプトを表現するために行ったものです。

このコア・コンセプトについてはいずれまた書いてみますね。

いずれにしても、すべては頼朝公との不思議なご縁から

始まったことだと思っております。

ところで…

私が1995年に第一位となった第一回マリオ・グゼッラ国際指揮者コンクールでは、

バリ交響楽団との共演が最初の優勝賞品だったように記憶しています。

パスクワーレ・ヤノーネさん(ピアニスト)との南イタリアツアーを

計5~7回(記憶が定かではない)行いました。

まだ20代の若さで、プログラムはベートーヴェンのエグモント序曲、

ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番、そしてドヴォルザークの交響曲「新世界」という

プログラムだったように記憶しております。

当時ピアノメーカーのFazioli(ファツィオリ)氏が同行され、

「世界で一番大きなピアノ」という触れ込みで、

南イタリア中をバスで行脚したのですが、

あまりに大変なプログラムに、バナナを公演前に7本食べて臨んだことを、

今でもハッキリと思い出せます。

確か96年の夏だと思います。ですからもう20年以上も前のことです。

当時は仕事が始まって、イタリア各地の歌劇場でもチャンスを頂くようになりましたが、

それがきっかけで文化庁の「芸術家派遣制度」に

応募をするようお話が降って沸いたのでした。

そして2年間の契約で国費を頂きながらイタリアで研修する形となったのですが、

ちょうど武者修行中の身でしたから、国からの援護射撃はありがたかったわけです。

ところがCDが発売されることとなり、

いわゆる在外研修員は現地で収入を得てはいけない規則があったのです。

(今は知りません。)

そこでレコード会社のトップと話をして、Pseudonimo、つまり偽名で契約し、

売上金の分け前を放棄してオーケストラに寄贈する形にしたわけです。

ただその時に「偽名」と言っても、他の誰かさんに迷惑がかかってもいけないし、

また誰かに流用されても困る。

そこで徳川家康、豊臣秀吉、源頼朝の三者の名前なら、

誰も現在存在しないだろう、と考えたのです。

(ビックリしたのは徳川さんや織田さんという方たちが活躍しておられたことです。

外国に居たので全くしりませんでした。)

三者の中から源頼朝公を選んだのに理由はなかったと思います。

一番遠い存在だと思っていたからです。

それがこんなに近い存在になるとは思いもしない、

まさに不思議な出来事でした。(おわり)

追伸:ちなみにインターネットで調べると以下の情報が出てきました。

http://www.cadenza-cd.com/label/phoenix_cl.html

PH-97314
ミナモト・ヨリトモ指揮~
ラフマニノフ(1873-1943):
ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 Op.39(*)/
楽興の時 Op.16 から〔第4番 ホ短調/第5番 変ニ長調〕
パスクアーレ・イアンノーネ(P)
ミナモト・ヨリトモ指揮(*)
バーリ県so.(*)
録音:1996年7月24日、ドゥニ劇場、マテーラ(イタリア)、ライヴ。
謎の指揮者 Minamoto Yoritomo についてはブックレットにも紹介がなく正体は不明。ブックレットにオーケストラを指揮する人物(日本人には見えない)の写真があるが、ピアノ協奏曲演奏の光景ではなく、指揮者名も記載されていないので無関係と思われる。

休息も吉なり – Muranplanet – 指揮者村中大祐 Daisuke Muranaka Official Website

画像の説明
今週は海外公演のために休めなかった身体の休息。

咳が止まらずにおりましたので、皆様どうか不義理をお許し下さい。

今日は墓参りに鎌倉へ行き、父の墓前で線香をあげた後は、

葉山の森戸神社を参拝。

私はイタリアで20年前にYoritomo Minamoto の名で最初のCDを出しました。

文化庁からお金をいただき、研修中に発売されたことから、

権利放棄と名前を変えることを余儀なくされたのです。

案の定音楽雑誌で5つ星を頂き、

処置は適切だったのですが、

その後不思議なご縁が。

調べて分かったのは

私が行く先々でご縁を頂ける方や場所、

寺社には頼朝公の足跡が残っているのです。

まあ、始めは頼朝公が寺社仏閣を

極めて大切にされた方だから、

当然と思っていたのですが、

私が知らずに伺っていた場所が

頼朝公の造られた場所だったり、

極め付けは育った横浜の家の一帯が、

幕府を開く前の源氏の本拠地だったことです。

まあ、こう言った奇跡のような不思議が起こるのが、

人生の醍醐味かと。

こちらの写真も頼朝公所縁の森戸神社奥の絶景です。

新年を迎えて – Muranplanet – 指揮者村中大祐 Daisuke Muranaka Official Website

画像の説明
皆様、新年明けましておめでとうございます。

昨年度はお蔭様で無事一年を過ごすことができました。

多くの方々にお支え頂きましたことに感謝するとともに、

新しい年にあたり、更にパワーアップして参ります。

今年もよろしくお願い申し上げます。

素敵な一年にして参ります。

イタリアのシチリア島から

村中大祐

追伸 先ほどまで爆竹や花火、野外コンサートで

大騒ぎのイタリアでした。

10月公演を聴き逃した方へ朗報です。 – Muranplanet – 指揮者村中大祐 Daisuke Muranaka Official Website

今年最後の公演となった10月のOrchestra AfiA「自然と音楽」演奏会シリーズVol.11「Reの悲劇」は大変好評を頂きました。
意外にシューマンの交響曲第4番が良かった、と言って下さる方も多かったので、驚くと同時に嬉しくもありました。
画像の説明
「シューマンの高揚感が気持ちよかった!」という方が多いのには、お客様の感性にただただ驚くばかり。

盛りだくさんのプログラムでしたが、皆さま本当に楽しんでくださったのが伝わってくる公演となりました。

ブラームスを弾いてくださったメジューエワさんの見事な世界観を愉しんで頂けたのも、この公演の白眉と言えましょう。

この公演には多くのメジューエワさんファンが訪れてくださり、彼女が初めて披露するブラームスのコンチェルトの世界にどっぷりと浸かられた方々は、口を揃えてに「とても幸せな公演だった」とおっしゃっておられました。

その話を聞かれた方から、幾度となく「いつCDが発売されるのか?」とお電話やメールを頂きました。

そこで当日公演にお越しになれなかった方に朗報です。
この公演のライブ録音CD-Rを30名様限定で販売することにいたしました!
お申込みはこちら↓
https://spike.cc/shop/user_956153619/products/nOZBYebN

画像の説明
この公演の模様はBravoさんが詳細にコメントしてくださっています。
http://blog.goo.ne.jp/bravo_opera_classica/e/6cc28b4783f5ebb352ceb480b5985de1

モーツァルトと出会うこと – Muranplanet – 指揮者村中大祐 Daisuke Muranaka Official Website

今朝偶然アッバード指揮のモーツァルトのフルート協奏曲をBGMで流していて、その昔、とあるオーケストラと演奏した時の記憶が蘇ってきた。

ロンドンや東京で演奏しているということは、実は私の得意なレパートリーというわけ。

思い出したのは、東京の有数のオーケストラの第一フルート奏者が、デビューしたばかりの私に歩み寄り、「君はこの曲をピアノで弾いて、ちゃんと勉強して来たのか?」と言って来たエピソード。

まだ外国から帰りたての時だから、日本のオーケストラが怖くてしょうがなかった。私にとっても、もちろん彼らにとっても、異質感は只事ではなかった。

だからいきなりそんな話をして来たのも今なら分かるし、かと言って若い当時の私なら、こう来られたら、答えに窮してしまう。ショックだった。まずアタマはチーン。はてなマーク❓が点灯して、相手が何を言っているのか、どんな意図で若い指揮者に物申しているのか❓分かる訳もない。

もちろんそこで、「今夜一杯やりましょう❗️」など言える訳もない。そんな勇気や知恵も働かない。

帰宅して悩み、テレビ収録が終わって、録画を何度も見直したが、何を彼が問題にしたのか、分からず終いだった。

もうかれこれ15年以上前の話。今だから話せるが、こういう悩みは海外で起こるはずのない出来事なだけに、やはり歳を重ねて経験を積んでみないとわからない。

問題は音楽に対する考え方の違い。そして指揮者に求めること、或いはモーツァルトの音楽についての感性の相違。

私の若い頃の大半は、この一つの命題に集約されていたように思う。

実はウィーンのモーツァルトはどれもピントが合わず、1990年にジョルジュ・クレーブという指揮者がザルツブルグ音楽祭のモーツァルテウム管弦楽団と演った交響曲「プラハ」をORFで聴いた響きが忘れられず、イタリアでペーター・マークに出会うまではヨーロッパ中で本物のモーツァルトを探し続けていた。

ある時、多分1993年頃だと思うが、オーストリアのグラーツ歌劇場のピアニストに応募して、R.シュトラウスの「薔薇の騎士」、ワーグナーの「トリスタン」、そしてモーツァルトの「フィガロ」2幕ファナーレを弾いた。見事合格だと言いながら、フィガロのレシタティーボのイタリア語を歌わされ、出来なくて採用見送りになり、暗くなった街を悔しくて泣きながら歩いた。「ドイツ語だけでは駄目なんだ」なんて思うのも、やはり若気の至りで、要はタイミングや人間が合わなかった訳だ。

モーツァルトを学ぶことは、20世紀最高のモーツァルトを指揮したと言われるペーター・マークに言わせると、「ヨーロッパを知ること。言葉を知ること。そして、Gusto、つまりセンスを学ぶこと」な訳だ。

モーツァルトの手紙を読むと、彼が最後にロンドンへ行くつもりで、英語で手紙を書いたりしているのが興味深い。モーツァルトの使うイタリア語はほぼ完璧だ。

だからこそ彼はドイツ語で初のオペラを書いたわけ。母国語でオペラを書くのは、彼の責任感がそうさせたのだ。

モーツァルトを指揮すること。
それはベートーヴェンやブラームスを指揮するのとは違う。

マークと2人、しのぎを削る思いでモーツァルトについて語り合ったのも、彼が伝えたい本質を私が若い感性で捉え直したかったからだ。

モーツァルトの世界は音ではない。音から生ずる現象なの。それは分かる人には分かる。

ワーグナーの舞台祝典劇「パルジファル」のテーマと同じ。純粋さ。面白がるココロが世界を救う。

知識やプライドが邪魔をして、物事の本質を読み取る眼が鈍る。そんな人に世界は救えないの。世界を救ったのは「純粋なる無知」だったワケ。

モーツァルトも同じ。技術の素晴らしさが見えるとき、実は音楽の本質を見ていない。

これは奏者も聴衆も同じこと。

モーツァルトを指揮するとは、聴きながら「何が起きるか」を待つこと。

何も起きなければ、具体策を講じて、あらたなトライをするしかない。

モーツァルトが「何か」を起こすとき、色が立ち上がる。愛について語れば桃色、水や空が見えると青。そこに感情が生まれる。

モーツァルトをシンプルと言う人がいるけれど、それはまだ彼の素晴らしさに出会えていないだけのこと。

今年最後の茶会、12月4日15時からは、遂にモーツァルトについて語ろうと思う。
https://spike.cc/shop/user_956153619/products/pgMyVppC

リュッケルトの詩(5) Der Fall Rückert ~リュッケルトの場合~ – Muranplanet – 指揮者村中大祐 Daisuke Muranaka Official Website

ところで

リュッケルトってどんな人だろうか?

フリードリヒ・リュッケルト

(1788年5月16日生ー1866年1月31日没)

現在のバイエルン州にあるシュヴァインフルト生まれの

ドイツ詩人

翻訳家で東洋言語学の教授

(38歳で既にエアランゲン大学の

東洋言語学教授に任命されており

53歳の時にはベルリンの同分野教授となっている。)

それ以前

1814年(当時26歳)の彼はナポレオン戦火で文壇に登場するが

その名前もリュッケルトという本名ではなく

Freimund Raimarの名で執筆を始める。

(ちなみにフライムントとは発言の自由=Freemouthを意味する)

1816~17年にシュトウットガルト新聞の編集に携わり

1818年にはローマで殆ど一年を過ごし

続いてウイーンに渡り(1818~19)

そこで東洋学者のヨーゼフ・フライヘア・フォン・ハンマー・プルクシュタール

と出会うことになる。

驚くべきはその語学能力であり

英語のBiographyで見る限り30余りの言語に精通していたとあるが

イタリア語のBiografiaによると

ヨーロッパ言語も含め44ヶ国語を自在に操ったというから

驚きである。

ちなみに私は学生時代アメリカ人のイエズス会神父が

古文漢文を読みこなすことを知って驚いたが

それと似たような驚きかもしれない。

アラビア語、アラム語、アゼロ語、アルメニア語、コプト語、クルド語

エチオピア語、ヘブライ語、ハワイ語、ヒンドウー語、マレー語、

マレーシア語、ペルシャ語、パリ語、パストウー語、プラクリト語、

古代サマリターノ、サンスクリット、シリア語、古代スラブ語、タミル語、

テルグー、トルコ語。。。だそうである。

(上記参考文献はWikipediaのみ。)

リュッケルトの詩(6) Spaziergang mit Purgstall…プルクシュタールとの散歩 – Muranplanet – 指揮者村中大祐 Daisuke Muranaka Official Website

Joseph Freiherr von Hammer-Purgstall(1774~1856)

リュッケルトはローマからウイーンに渡り

そこでこのプルクシュタールと出会う。

この出会いが何を意味するのか。

プルクシュタールはオーストリアの東洋学者で

グラーツの役人の家庭に育ち

14歳まではグラーツのギュムナージウム(高校)に通い

その後15歳でウイーンの東洋言語王立アカデミーに入学。

(Die k.k.Akademie für Orientalische Sprachen in Wien)

外交官養成機関である同所に5年在籍の間

トルコ語、ペルシャ語、アラビア語、イタリア語、フランス語、ラテン語そして

古代ギリシャ語を習得する。

16歳で既にウイーンを訪れたトルコ代表団の通訳をしたというから

これもまた驚き。

卒業後は翻訳にも従事し

トルコの知識人カジイ・カリファ(Kajji Khalifa)の手になる

百科事典の翻訳を始める。1799年に初めてイスタンブールを訪れ

同地でイギリス将校の通訳として働く中

ロンドンまで随伴、英語を習得し

パリではSilvestre de Sacyという東洋学者に出会い

1801年ウイーンに帰郷した。

1802年にはイスタンブールのオーストリア代表の秘書となり

ギリシャやトルコを訪問しながら小説や翻訳(千夜一夜物語)を行う。

だが代表とのそりが合わず 

4年後にモルダヴィアのJassyに配置換えとなった。

翌年1807年はウイーンの宮廷通訳となり

1809~1818年にわたってFundgruben des Orientsという雑誌を刊行。

1817年には宮廷顧問となり

Joseph von Heniksteinの娘Caroline von Feniksteinと結婚する。

友人でもあったWenzel Johann Purgstall伯爵(ヴェンツエル・ヨハン)と

その息子の死によって

友人の妻でスコットランド生まれの伯爵夫人

Jane Anne von Purgstallの養子に入る。(驚!)

彼はそこで名実ともに

シュタイヤーマーク地方のハインフェルト城の後継者となり

最終的には1835年にフォン・ハンマー・プルクシュタールの名で

男爵の地位に格上げされた。

その後完全に文学へと身を捧げるが

オーストリアの現状を批判する雑誌の刊行に共同執筆する中

メッテルニヒと衝突してウイーンで物議を醸すこととなり

公的な場所での仕事をせず家にこもることとなる。

彼の訳したDiwan des Hafis(ハフィスの抒情詩:1812年)が

ゲーテにインスピレーションを与えたことで有名で

そこからゲーテの13巻に亘る

West-Oestlicher Divan(西東詩集:1819年)が生まれている。

ちなみに「ズライカの巻」はもっとも有名であり

シューマンなどの手によって作曲された

Lied der Suleika「ズライカの歌」はあまりにも有名である。

不思議なことだが

ゲーテとプルクシュタールが対面した事実は

どこにも記載されていない。

1810年からはプルクシュタールはオーストリア科学アカデミーの創立に尽力し

1847年になってようやく設立され

その初代総長を務め

1856年に死去した。

彼の名前を冠した「ハンマー・プルクシュタール協会」が

1958年に創立され

死後125周年にオーストリアの記念切手が発行されている。

(上記参考文献はWikipediaのみ)

リュッケルトの詩(7) Der Fall Rückert (2) – Muranplanet – 指揮者村中大祐 Daisuke Muranaka Official Website

ドイツ人東洋学者フリードリヒ・リュッケルトは

30歳~31歳のとき、すなわち

1818~19年の間にローマならびに

ウイーンを訪れたことから

ハンマー・プルクシュタールという東洋学者に出会うわけだが

そのまさに1819年

このプルクシュタールが7年前に翻訳した

「ハフィスの抒情詩」(1812年)に影響を受けて

ゲーテの西東詩集が出版されている。

(ゲーテはプルクシュタールに師事している)

ゲーテ(1749~1832)が

1786年以降ローマに度々滞在したことは周知の事実であるが

その著作「イタリア紀行」が出版されるのは

まさに1816~17年のことだ。

「イタリア紀行」を読んだ影響から

リュッケルトが

1818年の殆どをローマで過ごしたと考えるのが自然だろう。

それほどまでにゲーテの影響が強かったのだ。

ゲーテに影響を受けた多くのドイツ人がローマ詣でをする中で

当時同地がドイツ人の社交の場になっていたことも見逃せない。

ドイツ国内では出会えない人たちとでも

ローマでなら

出会えて、人脈として繋がっていく

そういう場所であったに相違ない。

ちなみにリュッケルトはローマでCarl Barth(カール・バルト)という

彫金家で版画家(エングレーヴィングという版画の手法)に出会っている。

リュッケルトの肖像画で現存するものは殆ど彼の手によるものだという。

師と仰ぐゲーテの思いを胸にローマを旅した後

ウイーンで

ゲーテの師プルクシュタールとの縁に恵まれる。

誰かを憧れをもって見ること

そして

その行動に近づいてみると

不思議と己れの中のさまざまな点が

進化していくのに気づく。

そしていつかはその本人と交錯することになる。

こうしてウイーンで重要な出会いを果たしたリュッケルトは

プルクシュタールからペルシャ語を習い

故郷へと帰っていく。

その後1820年から26年までの間

翻訳業などに従事し

1821年にはLuise Wiethaus -Fischerと結婚

10人の子供を授かっている。

リュッケルトはこの時期

ウイーンで得たペルシャ語の基礎をもとに

何と

「コーラン」のドイツ語翻訳を始めることになる。