メディアと勝負師:「美学」について – Muranplanet – 指揮者村中大祐 Daisuke Muranaka Official Website

画像の説明
From:村中大祐

http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/20/hifumi-kato-legend_n_17218268.html

将棋の御大、加藤一二三さん引退。
一二三さんには美学がある。
勝負師としての見事な美学。

負けても勝った人を讃える人だし。
ちゃんと若い世代をリードしてくれた。
こう言う方のお蔭で若い世代のスターが生まれ、
彼らに憧れる人が出て来て将棋界のブームに繋がる。

潔さだよね。やっぱり。
それは清涼感のある生き方。
命懸けの勝負。

日本人に求められる美学って
やっぱりそう言う感じだと
私は思いたい。

今日本って、美学もへったくれもない。
そんなもんで、飯食えない!って

みんなが思っているのが
本当によくわかる。

これはやっぱり、まずい。

今メディアに報道されている中心的な記事を見ると、
内容がどれも酷くて、真っ直ぐに凝視出来ない。
人の醜い側面ばかりを選ぶから。

類は友を呼ぶ。
ここは事実を書く場合でも
選択の余地があると思う。

つまり会社の方針ではなく
「自分」の立ち位置だ。
会社ではなく、
「自分」の尊厳を
書く人間が守っているか?

書く人間の記事によっては
言い訳が見えたりする。
「自分は書きたくないけど
会社の方針が。。。」

そこはもう、命がけなんだと思う。
勝負してるかどうか。

やはり記事を書いている方の選択によって、
光の当て方も変わると思う。

記者さんも、それはそれで命懸けなんだと思う。
自分の書いた記事の影響を考えたら、
本来命懸けにならざるを得ない。

だから思うんだけれど
今出回っている記事を読んでいると、
こちらの生きるエネルギーを奪われている気がする。
エネルギー・ヴァンパイアー。
そんなくだらない仕事をしていて
本人だって平気なわけないと思う。

そう言う意味では、
今はメディアの方に「美学」が求められる。

昔は騎士道精神とか、武士道とかいうのがあって、
「我は奥茨城のなんとか村のナニガシであーる。
いざショーブ!」
なんてね。

必ず自分の名前だけじゃなく、
自分のいわゆる「立ち位置」ってヤツを示すの。

それがいつもどこかにすっ飛んだまま。
マスコミにいる人、これ大事。
自分がどこに居て、何を書いているのか。

そういうメッセージを書いている?
行間からわかれ!
って言われてもわかんないよ!

もっと私たちに活力を与える記事を
毎日量産してもらいたい。
生きるチカラを与えるメディアになって下さいね。

頼みますよ!マスコミの方たち!

ヨコハマの自宅から

村中大祐

色について – Muranplanet – 指揮者村中大祐 Daisuke Muranaka Official Website

画像の説明

昨日は一足先に文化の日を満喫。

と言うのも休日は道が混むこともあり、

またタイミングが良い時に訪れたい場所を訪れるという意味で

一日早く文化の日を設定。

昔知己のあった人間国宝の方の展覧会に足を運んだ。

京都という街には様々な思いが交錯する。

父が京都生まれということもあり、また自分の本籍が京都というこもあって

この独特の街の愛憎には幼い頃から経験が深い。

だからそう思うのか、海外の古い街を見てそう思うのか

あるいは鎌倉の傍に住むことから思うのかわからないが

京都の色、というものにはいつも不思議を感じて来た。

色というものは、空の色や太陽の光の影響を受ける。

人間がその眼で見る色は、これらの影響で決まると言っていい。

だから例えばイタリアの赤や青が、その空の高さや光と影の違いから

日本のそれとはまったく異なる色であることは

誰もが結構簡単に気づけることだと思う。

京都の色と題して書くからには、必ずそのことに触れねばならないが

正直、京都の色を美しいと思ったことがない。

ひょっとしたら時代が変わり、感性が変わったからなのだろうか?

今回見た展覧会も、日本の古来の手法を基にして浮き上がった色だったが

この色を自分の世界に持ち込んでみたとき

微妙なバイブレーションの違和感を感じる。

使えない色なのだ。

京都の色の多くが、実は私たちの自由を縛ろうとする。

つまり彼らの世界に引きずり込むことには長けているが

実際の私たちの感性に寄り添うことをしない。

そこで拮抗した感覚を持つ場合、大衆に迎合して

これは「素晴らしいものだ!」と言うのは私には無理だ。

彼らの色は明らかに時代を超越している。良い意味ではない。

今を生きる人には合わないのだから。

だがそれを良しとするなら、その色に付き合って

私たちの方が変わらなければならないのだ。

そういう色を私は認めなければならないのだろうか。

やはり色というものは、時代を表現するものであるべきだと思う。

だからこそ、私たちが変わっていく、その姿に併せて

京都の色も変容すべきだと思う。

その足取りが遅いと、私たちが常に重荷を背負わされ

過去と向き合わざるを得ない。

過去と向き合う情念より、そういった過去に立脚しながらも

過去の怨念やら情念を浄化するなかで、新たな気づきを得ると同時に

古いものを捨て、新しい時代を築いて行くのも必要ではないのか。

そんな思いを持ちながら文化の日は無事に終了。

はて、音楽の新しいカタチも、時代と共に変わるべし。

そういうことになるのは必定。大変である。

またそれも楽しからずや。

素敵な文化の日を!