Orchester AfiAの前身、横浜オペラ未来プロジェクトについて – Muranplanet – 指揮者村中大祐 Daisuke Muranaka Official Website

皆様おはようございます。
村中大祐です。
私たちが横浜で作り上げた横浜オペラ未来プロジェクト(2006~2009)の最初のオペラ公演は、モーツァルトの「コジ・ファン・トウッテ」でした。
画像の説明
その前にモーツァルトの生誕250周年を記念して、彼の誕生日の1月26日に行ったのは、ストラヴィンスキーのバレエ音楽「プルチネッラ」全曲と、モーツァルトの交響曲第40番ト短調K.550と「フィガロの結婚」序曲です。

如何に素晴らしい音が最初から聴こえて来たか。
まあ、ゆっくりお聴きくださいね。

追伸:
3月26日(日)は、トレッサ横浜で13時半から子供たちとお話することになりました。

急なことでしたが、結構こういうの好きなんですね。自分へのご褒美というか、挑戦というか。

なにせ子供と向き合うということは、自分より優れたひとたちの「眼」と向き合うことになるわけですから。

真剣勝負です。何を話すかはまだ決めていませんが、多分ものごとの「本質を観る」ということをお話することになるのではないでしょうか。

大人は「怖れ」よって毒されていますから、自分が「見たいもの」を見ようとして、物事の本質を観ようとは決してしないものです。これは特に現代日本の闇なのです。

子供たちは大人のやり方を見ています。それを真似て、まるで大人になったかのような錯覚に陥るのです。

それが本当にこれからの地球や未来にとって必要なことでしょうか。私はそうは思わないので、私個人のレベルですが、世界中を自分の目で見て来た、その目で子供と向き合うつもりです。

子供たちは私たちよりはるかに優れているから、きっと大人よりも本当の話がわかるでしょう。そして本当の話をしようとしない大人たちを、次の世代に駆逐してもらえば、もう少し世の道理が通るように、ひょっとしたらなるかもしれません。

まあ、駆逐といっても共存するに越したことはないのですが、存在の母集団が増えれば、それだけ違った意見がこの日本でも動き出すようになろうか、というものです。そんな期待を込めて参加させて頂きます。従って準備のため、茶会は4月に延期させていただきます。次回茶会は4月9日(日)となります。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

トレッサ横浜の詳細は

https://cepic.net

http://www.tressa-yokohama.jp/shop/pop-eventnews.jsp?id=2220&ref=evb
https://cepic.ne

です。素敵な一日を!