画像の説明
お元気ですか?
指揮者の村中大祐です。

さて、11月13日(日)15時より横浜みなとみらいにあります
BUKATSU-DOにて「音のソムリエ」茶会Vol.6を開催いたします。

詳細・お申込みはこちらからどうぞ!
https://spike.cc/shop/user_956153619/products/Koxri1xR

ところで年内の「音のソムリエ」茶会はこの11月13日のほかに
12月4日(日)15時からを予定しております。
お申込みはこちらからお願いいたします。
https://spike.cc/shop/user_956153619/products/pgMyVppC

皆様とお目に掛かってお話できるのを心待ちにいたしております。
横浜の自宅より
村中大祐

追伸:先日10月公演についての感想をお送り頂けるようお願いしておりますが、
早速頂きましたので、ご紹介しますね。

「オーケストラは実演やレコードで何十年も聞いていますが
演奏技術の良し悪しなどはよくわかりません。
私の判断基準は指揮者とオーケストラと客席が
一体化したような緊張感のある演奏が聴けるかどうかです。

シューマンの交響曲第四番はフルトヴェングラー53年録音で
まだLPであったときに聞き、その演奏の恐ろしさに驚き
長い間聞けませんでした。
それでも10年位前にはFMで聞く事もあり
CDも揃え普通の演奏で聞くようになりました。
でもフルトヴェングラーの演奏にはまだ近寄りがたいものあがあります。

今回のシューマンの交響曲演奏は驚くべきものでした。
音楽がうねる波のように聞く側に押し寄せては
引き、ひいてはまた押し寄せるような感じでした。
時間がたってしまったのでその時の感想を表わした言葉も
ぼんやりしていて浮かんできません。

音楽が生きている、音が迫って来るだったか。でも印象は違いますが
この演奏はフルトヴェングラーで聞いた時の衝撃を思い出させました。
これがシューマンの第四番なんだ、やっと巡り合えた。
そんな気持ちでした。(書いていたらだんだん思い出してきました)
もう一つ驚いたのは音量がすごい事。ホールに入りきらないじゃないか。
良い演奏にたくさん巡り会えましたがその中でも、
これとこれは素晴らしかったとすぐに言える演奏は
僅かです。でもこの演奏はその中に入る演奏になると思います。

ブラームスのピアノ協奏曲はメジューエワさんの演奏の端正さ、
音の美しさ、情熱など良い所が十分生かされた演奏で大満足でした。
音がオーケストラの音に埋もれなかったのはオーケストラがバランスを
取ってくれたからなのでしょうか。」

皆様からの感想を是非お聞かせくださいね。
ありがとうございました!

About the Author

コメントを残す