画像の説明
From:村中大祐

今年の始め、節分明けに
しばらく会っていない
玄界灘に住むドイツ人の師匠を見舞いに行く予定で
九州行の飛行機のチケットを予約した。

実はいきなり行って
師匠を驚かせる予定だったのだ。
なにせ相手は85歳を超える年齢。
もうそうそう動きはしないと
高を括っていたのだが

電話をしてみると
どうやら地中海クルージングの最中だという。
さすがドイツ人。
やることが違う。

実は師匠を見舞う流れで
ご縁のある神社の御礼参りを計画しており
既に5年も御礼をしていない宇佐と
3年以上ご無沙汰している宗像を
中一泊で訪れることにしていた。

「ついで参り」はいけない、と言われるが
師匠がクルージングをしているお蔭で
本当に「ついで」ではなくなってしまったのも
不思議と言えば不思議。

今年は2月11日の満月の日が
建国記念日にあたり
たまたまそんな日の早朝が
2席だけ飛行機が空いていたこともあって
雪が降っているにもかかわらず
まずは大分へと向かうことに。

雪模様だったこの日
大分空港に着いた私たちは
雪道をスタットレスを履かせた
レンタカーで宇佐まで行くと

本殿やいくつかある末社をお参りした後
宇佐神宮前にあるタクシー会社に行き
運転手に奥の宮まで上がれるか尋ねてみた。

その日は朝からふぶくほとの雪で
山登りを自分たちのレンタカーでするのは
無謀過ぎると思ったからだ。
そこでタクシーの運転手のちからを
借りることにしたわけだが

まだ雪がしっかり残った山道を
スルスルとすべりながらも
必死に運転するタクシーの運ちゃんを
励ましながら、なぜだか
何度も死を覚悟しなければならなかったのは
前に書いたblogでお伝えしたと思う。

そもそもこの宇佐神宮。
奥の宮に上がらせて頂くのは2度目のこと。
ここの存在を教えてもらったのは
ある日本の投資家からだった。

彼は私がロンドンに居ることをききつけ、
ロンドンで会いたい、と連絡をしてきた。
そしてホテル・サヴォイで食事の後
「村中さん、私は修験道をやっているんですよ」
と話されたのを興味深く聞いたわたしは
ふと、こう尋ねてみた。

「じゃあ、グラストンビュリー行きますか?」

英国のロックフェスティヴァルでも有名な
スピリチュアルなひとたちの聖地に興味を示した
この日本人投資家を
しばらくしてお連れすることになった。

そして聖マイケルの丘に降り立った彼が
丘の上で私に開口一番、

「村中さん、今度九州に行くなら
是非大分にある宇佐神宮に行ってください。
そして、行くなら奥の宮に必ずお参りを。」

それで震災から1年後の2012年の春、
九州の福岡に仕事で行った帰り道、
すこし大分に寄り道して
宇佐を訪れたのだった。

その翌年私たちは横浜でOrchester AfiAの
演奏会を開く際、公演会場まえにあって
昔からよくお世話になっている
横浜のお伊勢さんこと
伊勢山皇大神宮にご挨拶に伺った。

当時横浜の財界の方から池田宮司を
ご紹介いただいていたので
これ幸いとばかり社務所にお願いして
宮司に「自然と音楽」の趣旨をお話した。

その際、宮司がもともとは20年以上
鎌倉の八幡様におられたことが判明。
何とミツバチを鎌倉で育てておられた。

そんな個性的な宮司と意気投合し
当然ながら日本の八幡信仰の話がはじまり
八幡の総本山だった宇佐へと話がつながったとき
「宇佐の神職はもともと出光家だった」
という話が出た。

出光さんにはOrchester AfiAに
ご協力を頂いた経緯もあり、
また過去に度々「題名のない音楽会」などでも
お目にかかっていたことから
ここで話が出るのは不思議だったのだが

実際に今回宇佐に行って確認してみると
奥の宮がある山のふもとには
出光という地名があって
更に驚かされたのだった。

2013年以降
ロンドンで頻繁に指揮するようになると
ある時友人の紹介で
たまたま宗像出身の経営者を紹介された。

ロンドンで活躍する女性経営者だが
彼女に宇佐の話をした瞬間
「村中さん、宗像大社の宮司をご紹介します。
是非宗像にも足を運んでみて下さい。」
そう言われたのだった。

その日の会合からホテルに戻ると
長年会っていない知り合いからメールが入っていた。

「村中さん、共通の師匠の奥さまが他界されたから、
ロンドンから戻られたら、必ず九州に行ってほしい。」

師匠は玄界灘に隠居していたのだ。
何という偶然。
これはもう、天からの指令と感じた。

帰国してすぐ、福岡に飛び
師匠を勇気づけた後
言われた通り宗像へと足を延ばした。

そこで宗像大社の宮司とお話すると
「こちらは出光さんの崇敬神社なんです。」
と驚く話をされた。
神の島、沖ノ島の話では
「穢れ」「祓い」の言葉が印象に残った。

後に伊勢山皇大神宮の池田宮司が
「八幡宮の元は実は宗像三女神です。」
と言われたのを聞いて
出光さん~宗像~宇佐~八幡神
という繋がりがみえたのだが

実はわたしにとっての繋がりはもっと長く、
ロンドン~グラストンビュリー~聖マイケル~
宇佐~出光さん~宗像三女神~八幡神がつながった。

後に調べて行くと
宗像には元宇佐の神社があるという。
だから全部符号が一致しているように見える。

でもわからないこともたくさんある。
例えば宇佐の奥の宮の前にある八坂さんの元宮。
なぜあそこにあるのか?
八坂神社のご祭神は素戔嗚さん。
同じ山にお祭りされているのは何故だろう。

もうひとつは
鎌倉の鶴岡八幡宮と江の島神社の関係。
江の島神社と鶴岡八幡宮の関係性は
宗像大社と宇佐神宮の関係にとても似ている気がする。

日本の不思議。
探って行くとおもしろい。

今日も素敵な一日を!
横浜の自宅から
村中大祐

About the Author

コメントを残す