画像の説明

From:村中大祐

昔テアトロ・マッシモ(パレルモ)の取材に
亡くなった写真家の木之下晃さんが奥さまを連れていらっしゃり、
劇場の取材と私の取材を同時にしてくださったことがある。

音楽現代に特集記事を組んでくださったのだが
その時どうしてもセジェスタSegestaのギリシア神殿が見たいと仰り
一緒に現地まで同行して
その見事な神殿の様子に感激したのだった。

前回お話した通り
シチリアにはギリシアに残っていない完全な形のギリシア神殿がある。
そういった場所の中でもアグリジェントやシラクーザ、そしてこの
セジェスタは素晴らしい。

いずれもギリシア悲劇を演ずる場として今でも
アンフィシアター(円形劇場)が使われている。

昔ローマの古本屋で
エウリピデスやソフォクレスの戯曲を
イタリア語で100円くらいで買った覚えがある。
まだ通貨がリラの時代。本当に安くで手に入ったものだ。

それらを見ながら「ああ、エレクトラの時代とは
こういう文化だったのか。」と納得した。
コーラスという言語も今は合唱となっているが
こういったギリシア悲劇から生まれていて
そういった文化的背景を知るより「体験」するのは
私たちアーティストにとっては
何よりの頭の体操になる。
ローマにはヴァチカン市国があるのは
あなたはご存知だろうが
ヴァチカンはローマのテルミニ駅から
歩いて半時ほどで行ける距離にある。

要は異文化体験によって自分を見つめなおす作業。
こうなってくると
日本の学校で「暗記した言葉」も
生きた「自分の言語」となってくる。
イタリアというのはそう言う特別な場所。
「昨日、今日、明日」というマストロヤンニとローレンの
映画を観た覚えがある人も多いだろうが
「過去、現在、そして未来」が繋がる場所なのである。

例えば前にもご紹介したエトルリア人の遺跡がある
トゥスコラーナ街道の最南端。
そこはI Castelli Romani(英語ではRomain Castles)といって
Frascati, Grottaferrata, Genzanoと言ったローマ南西の
400メートルの高台だが

そこでは現在でも数千年前の自然が残されており
羊飼いが未だに羊を放牧して暮らす場面に遭遇する。
ローマから車で1時間の場所で、だ。

私はこのローマン・キャッスルのフラスカーティに住んだが
週末になると決まってナポリ人の検事、その奥さんのアルゼンチン人、
地元の貴族や聖職者たちと一緒に
この遺跡付近でバーベキューをしていた。

もともとはゲーテがその「イタリア紀行」で
デッサンをした風景画が残っている場所で
ゲーテが飲んだくれた白ワインの樽が
フラスカーティの中央に残っており
その酒場にヴァチカンやローマの貴族、聖職者たちが
食べ物を持ち寄って夜な夜な集まって来る場所だ。

誰と飲むか。誰と喰らうかは全く気にせず
毎晩のように宴会が続く。
私も時折家から徒歩1分のこの場所で
ハムやらピザをつつきながら
彼らと飲み交わし、歌い合ったものだ。

だがそのシンプルな宴は
実は中世から続いていて
まるでおとぎ話の世界のようだ。

そして自然にふと目をやれば
ゲーテやマネが描写した風景が
むかしさながらに完全な形で残っている。

時が止まっているのか?と思いたくなる風景だ。
そこで日本を思うと
果たして自分が昔ザリガニ釣りをしたあの場所は
カブトムシを追いかけ、スズメバチに追いかけられた
あの懐かしい遊び場は

次世代の子供たちがもう駆け回ることもできないほどに
自然の破壊が進んでいて

それを思うと
私たちは自然を犠牲にして
いったいどんな豊かさを得たのだろうか。

そう思ってしまう。
人口が減少することに一喜一憂する昨今。
でも人口が減るのは
自然の摂理なのではないか?

それで将来の社会を
経済的に支えられなくなると憂いをもって語るひともいるが
これだけ自然を破壊しておいて
経済でもないような気もしてくる。

何かを破壊して得た「ゆたかさ」の代償として
自分たちが減ることになるのではないか。
自分たちが減ることで
もう自然を破壊しなくてもよくなるのでは?

エコ、エコ、エコ、エコ。
エコのサイクルに人間が入っていないことに
ふと気が付いて書いてみた。

皆が少子化を憂うるなかで
人間がふと、その視点を周囲の環境に向けるなら
それもまた必然、と思うことになるのでは?

それが正しいか間違いではなく
自然の摂理ではないのか?

これらはすべて
イタリアに居て思ったことだ。

自然との交渉。
日本のこれからの課題のような気がする。

今日も素敵な一日を!
横浜の自宅から
村中大祐

追伸:9月3日(日)15時から
横浜みなとみらいのBUKATSU-DOにて
「音のソムリエ」茶会を開催します。
お申込みはこちら↓!
https://spike.cc/shop/user_956153619/products/GKbQ9hAW
画像の説明

About the Author

コメントを残す